Whole Case Examples

セーフティ・プランニングと両親とソーシャルワーカーへのインタビュー

『親族間の対立を乗り越えて子どもの安全を創り『大切にしているものは絆』と訴えた家族との協働」

17 Aug 2021

Average rating
1 star2 stars3 stars4 stars5 stars(0)
Rate this resource
1 star2 stars3 stars4 stars5 stars

Language

  • Japanese

お父さんは、家のことでイライラが募るとお母さんを激しく殴ることがありました。これまでも何度も同じようなことがあり、お母さんと姉妹は、いつも、お母さんのお姉さんのところに避難しました。しかし、お母さんのお姉さんはいつも同じことが繰り返されることが心配になり、子どもたちはもう暴力のある家庭には返さないと言いました。結局、子どもたちは児童相談所に一時保護されることになりました。

両親は児童相談所に激しい怒りをぶつけました。

ここから、子どもと、家族と、親族と、ソーシャルワーカーたちの新しい物語が始まりました。

初めてのセーフティミーティングでの激しいやり取りを通して、デンジャー・ステイトメント、セーフティゴールが共有されていきました。親族は、常に対立していましたが、それでも、セーフティプランは作り上げました。そして、子どもたちにワーズ&ピクチャーズを使って安全につい説明しました。

子どもたちは家庭に戻り安全な生活を送ることができました。

今回の出来事を振り返って、家族にインタビューをさせていただきました。家族は、率直な言葉で出来事を振り返りました。両親に家族の誇りを聴いたとき次のように話してくれたことがとても印象に残りました。

「絆ですかね.どんなに離れても,子どもたちは戻ってくれる.・・・もう,あの子達を悲しませないようにしようと思った.()

これに関わったソーシャルワーカにもインタビュさせていただきました。

Last updated Tuesday, 17 August 2021 10:55:21 PM